catch-img

サーバー監視をアウトソースして得られるメリットとは?

こんにちは。ポールトゥウィンオウンドメディアチームです。

今後はブログ形式で、知ってもらいたい情報やサイトをみている人が気になる事柄について、情報発信していきたいと思いますのでよろしくお願いします。

初回は、IT分野でのサーバー監視をアウトソースして得られるメリットについて考えていきます。


目次[非表示]

  1. 1.はじめに:サーバー監視担当を取り巻く環境について
  2. 2.メリット1:IT人材採用の手間・コストの削減が見込める
  3. 3.メリット2:自社エンジニアの業務負担軽減につながる
  4. 4.メリット3:リーズナブルに24時間監視を導入しましょう
  5. 5.まとめ
    1. 5.1.モニタリング


はじめに:サーバー監視担当を取り巻く環境について

皆さんは社内IT担当のスタッフ採用に苦労されていませんでしょうか?

特に、少数精鋭でのシステム運用をする中では、業務の属人化・開発業務との兼任による残業の恒常化もみられ、サーバー異常が発生したら担当者が休日や夜間でも呼び出されて対応するなど、インフラ担当者は大きな負担を強いられている状況が見受けられます。また、新型コロナウイルスの影響で通常とは異なる業務体制が必要となり、既存サービスのコストやリソース配置の見直しを検討されている企業も多いです。同じく、急なテレワーク導入などにより、社内のITインフラ運用タスクの負担が増大するケースもあります。

このような環境に陥ることを避けるためにはどんな対策が必要でしょうか?対策の一つとして、自社スタッフにて必要な体制を全て整備する方法もありますが、今回は、サーバー監視運用をアウトソースする選択肢についても考えていきましょう。


出典:※経済産業省「IT人材の最新動向と将来推計に関する調査結果」より


メリット1:IT人材採用の手間・コストの削減が見込める


IT人材の採用難が叫ばれているなか 、退職リスクを考えた場合、新規人材確保における採用コストの削減につながります。また、サービスの急拡大や新機能のカスタマイズなどの事業変化の中で、対応する人員を適宜採用する手間も解消されることで、人材コスト全体の見直しとなります。

リソース不足が続くと、クラウドサービスの導入やセキュリティの改善など新たな行動を起こすことが難しくなります。クラウドの構築が可能な人員が社内にいない場合、いざ、クラウドへの移行を考え構想した際に、クラウドの基本機能を把握し、自社に合うスペックの調査、どのようなメニューや構成が最適なのかを選定するまでに多くの時間と手間がかかるということが障壁になる方も多いでしょう。このようなクラウドへの選定から移行や初期構築作業も、アウトソーシングすることで、現場のリソース負担は大幅に減少します。


メリット2:自社エンジニアの業務負担軽減につながる


サーバーの保守運用業務は多岐に渡ります。障害発生時の原因箇所の切り分けや復旧操作をはじめ、ネットワークの設定変更、クラウド事業者への問い合わせ代行まで、あらゆるシステムの監視・運用業務が必要なり、対応するエンジニアの日々の負担となります。提供するサービス・管理するシステムが多いならなおさらです。システム環境管理が煩雑で、対応手順や運用フローが多岐に渡り社内スタッフでは管理しきれないケースもあるかと思います。

サーバー構築、監視・障害対応・セキュリティ対策など、サーバー運用に関するさまざまな日々の管理業務で消耗するよりも、システムをより強く、より柔軟なものにするために人員リソースを配置した方が、ユーザーサービスの発展につながり、インフラ担当者の発揮する価値やパフォーマンスを最大にします。


メリット3:リーズナブルに24時間監視を導入しましょう


お客様社内でシステムやネットワーク運用の常時監視を行う場合、多くは平日昼間しか対応できておらず、異常が検知されてからの対応が遅くなれば、その分復旧も遅れてしまいます。24時間体制を敷くことはコスト的にハードルが高いですが、ひとたび障害が発生すると、インフラ管理の人件費とは比較にならないほどの金銭的被害が生じる可能性があるため24時間365日監視体制はメリットとなります。ただし、24時間365日稼働中システムでの障害発生時において、時間帯を問わず即時出来事対応できる人員を確保するは難しく、自社ですべての人材を揃えるためには、コストも大きくなります。

ITアウトソーシングの事業者の多くは、24時間監視を通常メニューとして揃えており、監視範囲や作業手順に応じて費用プランを用意しているケースが多いため、自社にあった監視プランを選び、アウトソースを活用することで、自社で監視運用のエンジニアスタッフを教育や確保するコストに比べ、リーズナブルに常時監視を行うことが可能となります。


まとめ

貴重なITスタッフを単純なオペレーション運用から解放し、サービス改善や新規開発といった事業運営業務へ活用し、他の開発プロジェクトへ振り向けることができます。サーバーやシステムインフラの構築や保守メンテナンスの場合にはリモートからプロが差配することで、現在よりも決めの細かな作業が安い費用でできる場合も多いです。

社内の限られたエンジニアリソース、IT人材を有効に活用するためには、煩雑なサーバー管理運用の業務をアウトソーシングし、新規システムの開発やビジネスの立案など、より生産的な仕事をIT人材に任せるのが有効な手段です。

さらに詳しく知りたいかたは、以下サービスページもご覧ください。


モニタリング

コミュニティサイトや動画配信サイト、ECサイトなどユーザーによる投稿が常に発生するWebサービスにおいてトラブルや犯罪を防ぐモニタリングを行います。
また、サイト上の記載や広告出稿など有害・違法な情報をモニタリングし、消費者保護の観点からチェックするサービスも提供しています。
インフラ等、システム稼働状況を常時監視し、障害・アラートの早期検知から復旧対応まで支援するシステムモニタリングも行っております。

https://www.service.ptw.inc/monitoring