catch-img

仕組みから理解することでスムーズなコミュニケーションを図る

こんにちは!ポールトゥウィンオウンドメディアチームです!

今回は、PTW 第二事業部QAサービスグループに所属しているUさんにお話を伺い、彼女のキャリア、業務内容、成功と挑戦、そして日々の努力について詳しく聞いてみました。


―まずは、自己紹介からお願いします。ご経歴や所属部門について教えてください。

私は第二事業部のQAサービスグループに所属しています。以前はコールセンターで通信機器の使い方をご案内する業務に従事していました。しかし、事業所が移転することをきっかけに転職を決めました。その際に電子機械系の訓練所に通い、電気機器組み立てやITについて学ぶ機会があったことから、ITの道を選びました。そのタイミングで現在の甲府センターが開設されることを知り、2018年に入社しました。


―担当される業務内容について教えていただけますか?

現在はWebサイトやアプリ開発の様々な検証案件を担当しております。当社の検証チームは東京と甲府のメンバーで構成されており、案件によって組み合わせが変わり、多彩な経験を積むことができます。また、最新機能を追加する際の検証が多いため、新しい技術に触れることで、常に新鮮な気持ちで業務に取り組むことができます。
入社後しばらくはテスト実行を主に担当しました。その後、テスト設計にアサインされる機会も増え、リーダーとしては、テスト項目書の作成から案件管理、メンバーへの作業割り振り、お客様への連絡周知、新入社員への教育も行っています。


―第三者検証部門の仕事で充実感や楽しさを感じる瞬間はどんなときですか?

最も充実感を感じる瞬間は、お客様の役に立てる時です。前職のコールセンター経験からお客様の役に立てることが一番のやりがいと感じています。検証業務においては、色々な条件が重なって起こる「見つけにくいバグ」を発見することで、開発者の方に「助かりました」という感謝のお言葉をいただいた時に、お役に立てていることを実感します。テスト設計においては、「こんな進め方はいかがでしょうか?」「こういう項目が必要ですね」など、小さなことも見逃さず、気づきを提案できたときに、お役に立てて良かったなと充実感を感じます。
お客様の満足度を高めるために、常にプラスアルファの提案を行うことを心掛けています。

他にも、同じ案件のメンバーと協力しながら、品質の向上に貢献したときは嬉しいですね。さまざまな意見が出され、それが結果的にプロジェクトの品質向上につながることは非常に楽しいと感じますし、第三者検証のやりがいを感じる瞬間でもありますね。


―更なるレベルアップをするためにチャレンジされていることがあれば教えてください。

担当している案件は、新しい機能や技術を検証することが多く、まだテスト設計したことがない機能はどのような観点でテストすべきか悩むことがあります。そのため現在はテスト分析の手法を勉強したり、ChatGPTなどのツールも使用しながら、最適なテストを設計するためにチャレンジを続けています。

また、チーム内で勉強会をたまに開催しているのですが、大勢の前で話すことが苦手なので、そういったところでも苦手を克服するために話し方教室に通っています。


―プロジェクトの成功に向けてどのような努力をしていますか?

私はモノの仕組みを考えることが好きで、Webサイトやアプリのテスト中に、「これってどういう風に作られているのだろう?」「不具合はどのように直すのだろう?」と気になることが多いです。ですので、仕組みを理解するために自己学習でアプリ開発やインフラ構築を学び、開発側のフローを理解するように努力しています。その結果、不具合の起票時、開発者に質問するときも、開発者側の意見を汲み取ることができ、スムーズなコミュニケーションを図れるようになりました。
アプリ開発やインフラ構築については、仕事しながら学習していたので、勉強していた1年間はずっと寝不足でした(笑)。ですが、モノの仕組みも分かるし、自分も楽しく学べたし、業務にも役に立てられて、一石三鳥だったと感じています(笑)。


―チームとの協力が成功にどのように貢献していますか?

チームの協力は非常に大切だと思っています。これからの時代、リーダーはトップダウンのサメ型ではなく、皆の意見を聞いて協力するイルカ型になっていく、というニュースを見ました。
私もイルカ型のリーダー像に共感し、チームのメンバーが楽しく仕事できるようにサポートすることを心がけています。

また、前職を通してこれまでの経験から「人の役に立ちたい」という気持ちを強く持って対応することで、解決が難しいことでも、奇跡的に解決に至ることがあると信じています。メンバーにもしっかりと自身の思いを説明することで納得してもらえていると思います。
現在は、日々積極的に情報共有して協力し合いながら進める雰囲気が作られていて、良いチーム文化が築けているなと実感しています。


―第三者検証の業界やプロセスにおいて、新しいトレンドや技術の変化にどのように適応していますか?

先日もソフトウェアシンポジウムのイベントに参加した際、品質の変化として、【以前は皆が使いたいものを求められることが多かったが、今では多様化・高度化・複雑化が進み、大量のデータを分析する必要が出ている】と聞き、AIを活用する必要性を改めて実感しました。
現在、私は日々の業務のちょっとした悩みや手間はChatGPTを活用して解決することが多いです。悩みや手間にかける時間を別の業務に充てることができるため業務効率化を図ることができています。


―最後に、これまでで最も重要な学びや教訓は何ですか?他の社員にアドバイスしたいことがあれば教えてください。

検証業務では仕様書に従って動作が正しいかを確認していきますが、「こっちの動きの方が良い」と仕様書と違う動きの方が良いと思ったとしても、仕様書が絶対に「正」になりますよね。
でも人間は、自分が「正」である、基準であると思ってしまうと成長がストップしてしまうと思います。

成長し続ける、バージョンアップし続けるには自分の正しさに固執せず、他の視点、他者の意見から学ぶことで、個の成長からコミュニティの成長に繋がり、さらにコミュニティを活気づけることができると思っています。

まとめ

第三者検証サービスは、システムやソフトウェアの品質を確保し、お客様に信頼性の高い製品やサービスを提供するために欠かせない存在ですが、Uさんは検証に関わるさまざまな業務に取り組みながら成長し、自身のスキルや技術、知識に磨きをかけていることが分かりました。また第三者検証部門の魅力とやりがいを垣間見ることができました。
第三者検証部門の仕事に対する情熱とやりがいが伝わるインタビューでした♪


PTWのソフトウェアテスト・第三者検証のサービスについて詳しく知りたい方は、下記ページをご覧いただき、お気軽にお問い合わせください。

サービス詳細


関連記事