catch-img

ソフトウェアテストのプロセス -テスト完了編-

ソフトウェアテストのプロセス - テスト実装・実行編 -」では、テスト設計で策定されたテスト条件に基づいて、テストケースの作成、準備、実行についてご紹介しました。
今回は、テストプロセスの終了作業に焦点を当て、その詳細について説明します。


テスト完了とは

テスト完了とは、テストの最終段階を指します。この段階では、テスト全体に関連する成果物や情報、具体的にはテストケース、テスト実行レポート、欠陥レポートなどのテストウェア、そしてプロジェクトから得られたテストに関する情報をまとめます。
 
※JSTQB(※)によると、テストプロセスを構成する主な活動を以下のようにグルーピングしています。どのプロジェクトも基本的なテストプロセスは、「テスト計画~テスト完了」の順序で進行します。


testing_process

※JSTQB(日本ソフトウェアテスト資格認定委員会)  https://jstqb.jp/

テスト完了の目的

テスト完了の目的は、テスト計画段階で設定された目標が達成されているかどうかを評価することです。また、テスト完了では、プロジェクト全体におけるテスト活動の成果や品質に関する理解を深めることができ、次回のプロジェクト改善に向けた活動を立案する重要なステップとなります。以下にテスト完了作業の目的を詳しく説明します。



テストプロセスの改善

プロジェクトメンバーとテスト活動を総合的に評価し、テストプロセスにおける良かった点と改善が必要な点を明確にすることで、テスト設計やテストケースの品質向上、テストの効率性とカバレッジ(網羅率)を向上する方法を検討します。これにより、チーム全体での学習と知識共有が促進され、次回のプロジェクトに向けた改善提案が得られます。


テスト成果物の報告

テストの結果、バグレポート、テストケース、およびその他の成果物をプロジェクトメンバーや関係者であるステークホルダーに報告します。


問題の早期発見と修正

テスト結果の詳細な分析により、品質に影響を及ぼす可能性のある問題やリスクを早期に発見し、修正します。バグの修正を正確かつ迅速に行い、テスト結果の報告を行います。


顧客満足度の向上

テスト完了作業における成果物や報告が顧客や利害関係者であるステークホルダーに提供されることで、プロジェクトの品質向上と進捗を理解しやすくなり、信頼性の高いソフトウェア製品を提供することができます。


テストの終了基準

テストの終了を判断するために、テスト終了基準が設定されます。終了基準は、テスト計画時に定められ、プロジェクトによって異なります。以下に、一般的な基準を示します。



計画したテスト項目が完了しているか

全ての計画されたテスト項目が実行されたかどうかを確認します。プロジェクトが進行する中で変更が生じた場合、新しい機能や変更点に対するテストが必要になることがあります。変更がテストの範囲に影響を与える場合、新たなテスト項目が必要になりますので、計画を柔軟に調整することが必要です。

意図的にスキップしたテスト項目の共有

プロジェクトの仕様変更などにより、スキップされたテスト項目について、スキップの理由が明確にプロジェクト関係者に共有されているかを確認します。

バグ検出数は目標に達しているか

テスト項目数に対して予め定めたバグ検出目標とバグ検出数を比較し、目標に合致するバグ検出数であるかを確認します。

検出したバグは正しく修正されているか

修正されていないバグがある場合、その理由を明確にし、ステークホルダーに報告します。


テスト終了報告

テスト終了報告は、プロジェクトの達成度やテストの結果に関する情報を整理したものであり、ソフトウェアテストの重要な成果物の一つです。通常、以下の内容で構成されます。


導入

テスト終了報告の目的とスコープ、報告内容の概要を説明します。テスト終了基準に基づいて、テストの終了がどのように評価されたのかを記載します。これにはテスト項目が計画通りに完了されているか、バグ検出目標が達成しているか、バグの修正状況などが含まれます。


テスト実行結果の概要

テストケースの実行結果の要約を記載し、合格したテストケース、不合格のテストケース、および未実行のテストケースの数について報告します。


バグレポートの詳細

検出されたバグに関する詳細情報を記載します。それぞれのバグには、バグID、バグの状態、重要度、修正状況、再現手順、およびスクリーンショットなどを記載、貼付し報告します。


問題と評価点の洗い出し

テスト実行中に特定された問題点と評価点をリストアップし、それらの影響度合いや優先順位についてプロジェクトメンバー内で共有しフィードバックを行います。また、問題がどのように解決されたか、今後どのように対処されるべきかについても考慮して報告します。


次回のプロジェクトへの提案

次回のプロジェクトに向けてのテスト戦略や方針について議論し、今回のプロジェクトからの学びや改善点に基づく提案を説明します。


結論

テスト終了報告を締めくくるセクションで、テストの結果や提案に基づいて最終的な結論を述べます。


レポートの利用

テスト終了報告は、プロジェクト内の透明性向上、リーダーシップ層の意思決定支援、品質保証、および次回プロジェクトに向けたスキルトランスファーのために活用されます。報告によって、プロジェクトチーム内で進捗と問題点が共有され、プロジェクト戦略の方向性を調整します。品質保証の観点からは問題の早期発見と対策が行われ、報告に含まれる提案と改善点が次回プロジェクトに生かされ、過去の課題の回避とプロジェクト効率性向上に寄与します。


テスト実行結果の分析について

将来のプロジェクト改善のために、テスト実行結果の分析が行われます。これには以下の要素が含まれます。


目標としたバグ検出率が達成されているか

目標としたバグ検出率と実際のバグ検出率を比較し、差異がある場合、テスト設計や上流工程に問題がなかったかを確認します。


検出したバグは上流工程で確認できたか

単体テストで確認できたバグがあれば、その影響範囲を確認し、プロジェクトメンバーと共有します。


問題点と評価点が洗い出されているか

不具合の検出率によって、問題点と評価点を特定し、プロジェクト全体において問題があるかどうかを確認します。

問題点がある場合、次回以降のプロジェクトに向け解決策を考えられているか

洗い出した問題の改善点を共有し、将来のプロジェクト改善に向けた提案を考えます。



まとめ

今回はソフトウェアテストプロセスの最終フェーズである「テストの完了作業」について説明しました。テストの完了はバグがなくなったかどうかを確認するだけでなく、プロジェクト全体の効率性と品質向上のために重要な作業です。

当社のソフトウェアテストサービスでは、プロジェクトの各フェーズにおいて包括的なサポートを提供しています。テストエンジニアによる緻密なテスト計画から効果的なテストケースの設計、実施など、お客様のニーズに合わせた柔軟かつ徹底的なアプローチで、高品質なソフトウェアの実現をお手伝いいたします。

サービスについて詳しく知りたい方は、下記ページをご覧いただき、お気軽にお問い合わせください。

サービス詳細


 

関連記事