catch-img

カスタマーサポートチャネルの特性と注意点を解説

こんにちは。ポールトゥウィンオウンドメディアチームです。

カスタマーサポートは、サービスユーザー(顧客)と企業をつなぐ大切な役割を果たします。その中で、顧客が満足するサービスを実現するためには、各サポートチャネル(=問い合わせ手段)の特長を理解し、適切に対応することが重要です。例えば、電話サポートは即答が求められる場面に、メールやチャットサポートは詳細な情報を交換するのに適しています。これらのチャネルを上手く使うことで、顧客の信頼を得てリピーターを増やすことができます。

この記事では、カスタマーサポートにおける各チャネルの特性と効果的な活用方法をご紹介します。


目次[非表示]

  1. 1.カスタマーサポートのチャネルとは?
  2. 2.サポートチャネル別 特長と運用における注意点
    1. 2.1.電話サポートの特長
    2. 2.2.メールサポートの特長
    3. 2.3.チャットサポートの特長
  3. 3.まとめ


カスタマーサポートのチャネルとは?

カスタマーサポートのチャネルは、顧客が企業に問い合わせたり、助けを必要とする際に利用される手段で、企業は顧客の問い合わせを受け付け、回答や解決策を提供します。これらのチャネルは、顧客の満足度を高めると同時に、企業のブランド価値を向上させる重要な役割を果たします。

どのチャネルを選ぶかは、企業がどんな業界に属するか、どんな顧客に向けてどんなサービスを提供しているかによって変わります。例えば、技術的な支援が必要な製品を扱う企業では、詳しい説明ができるメールやチャットのサポートが役立ちます。一方で、高齢者向けのサービスを提供している場合は、直接話ができる電話サポートが重宝されます。


サポートチャネル別 特長と運用における注意点

今回はその中でも代表的な「電話サポート」「メールサポート」「チャットサポート」に焦点を当て、顧客にどんなメリットをもたらすかを解説します。

電話サポートの特長

迅速な問題解決

電話サポートを利用することで、顧客は迅速かつ即時に具体的なアドバイスや解決策を得ることが可能です。特に複雑な問題や緊急性が高い問い合わせにおいて非常に効果的であり、その結果、顧客満足度向上に直結します。電話サポートは、問題を素早く理解し解決に導くことが可能なため、カスタマーサポートの質を大きく高める要因となります。

対話による安心感

オペレーターとの直接的な会話により、顧客はより個人的なつながりを感じることができます。これは、特に高齢者やIT製品・サービスに不慣れな顧客にとって、信頼感と安心感を提供する重要な要素となります。


【電話サポート運用における注意点】

丁寧な応対とオペレーターのスキル強化

電話サポートでは応対するオペレーターの丁寧さが顧客満足度を大きく左右します。継続的なトレーニングとスキルの向上はサービス品質の維持に不可欠であり、円滑なコミュニケーションと専門知識の提供を通じて顧客の信頼を獲得し、一貫して高品質なサポートを提供することができます。これにより、顧客の期待に応え、長期的な信頼関係の構築を支援します。

待ち時間緩和と人的リソースの最適化

繁忙期に多くの顧客からの問い合わせに迅速に対応するためには、追加のスタッフ配置が効果的です。待ち時間の短縮は顧客満足度の向上に直結し、オペレーターの負担軽減にも寄与します。過去のデータと予測分析を活用した人的リソースの効率的な管理は、必要な時に適切な人員を配置し、全体的なサービスの質を高めるために重要です。


メールサポートの特長

コミュニケーションの記録

メールサポートの一番の利点は、全てのやり取りが文書として残され、簡単に確認できることです。これにより、過去のコミュニケーションを正確に振り返ることが可能になります。特に技術的な情報や複雑な手順の案内を行う際に効果的で、詳しい説明や関連文書を添付することで、誤解を避け、顧客とのコミュニケーションを円滑にすることができます。

24時間365日問い合わせ受付可能

メールサポートは時間に縛られないため、顧客は自由な時間に問い合わせをすることができます。これは特に、多忙なビジネスパーソンや異なるタイムゾーンにいる顧客に便利です。顧客は都合の良い時に問い合わせをし、返信を待つことができます。このようにメールサポートの柔軟性は、顧客にとって大きな利点となります。


【メールサポート運用における注意点】

返信までの時間管理

メールサポートでは、複雑な問題や詳細な情報が必要な場合、返信に時間を要することが一般的です。しかし、顧客を長時間待たせることは、サービスに対する信頼を損なう原因となるため、返信にかかる時間を適切に管理することが重要です。これには、問い合わせの優先順位付けや返信期限の設定、さらには顧客への返信予定時間の通知などが効果的です。

宛名・宛先アドレスの正確性

顧客名の誤記載や誤った宛先へのメール送信は、プロフェッショナルさを欠くだけでなく、大きなトラブルの原因になることがあります。そのため、個別のメールアプリよりも、カスタマーサービス専用の問い合わせ管理ツールを使用することが推奨されます。これらのツールは、宛名の自動補完や宛先の確認機能により、ヒューマンエラーを最小限に抑えます。


チャットサポートの特長

待ち時間の短縮

チャットサポートは待ち時間を大幅に短縮し、顧客の即時性のニーズに応えます。混雑する電話や返事を待つメールに比べて迅速に問い合わせに対応することが可能で、これが顧客満足度の向上に大きく寄与します。また、チャットボットの導入により、一般的な質問に対しては自動で回答でき、カスタマーサポート担当者の負担を減らすことも可能です。チャットボットは年中無休で対応可能なので、顧客はいつでも自由に問い合わせができる利便性があります。

問い合わせの手軽さ

チャットサポートは気軽に利用できるため、顧客の問い合わせの心理的なハードルを下げます。特に若い世代や忙しいビジネスパーソンにとって、この手軽さは重要です。電話やメールよりも迅速で簡単な問い合わせが可能で、特に会話が苦手な人や書面でのコミュニケーションを好む人にも適しています。これにより、チャットサポートは多様な顧客ニーズに応える有効なツールとなります。


【チャットサポート運用における注意点】

他チャネルへの誘導

チャットサポートでは、複雑な問題や詳細な対応が必要な案件に対して、他のコミュニケーションチャネルへの誘導が重要です。特に技術的な問題や個人情報が関わるケースでは、よりセキュアなメールや対話が可能な電話サポートに切り替えることも効果的です。これにより顧客の問題を効率的に解決し、満足度を高めることができます。

専門的なスタッフ育成

チャットサポートでは、オペレーターがシステムの操作方法、ビジネス敬語、適切な言葉遣いを理解し、簡潔で丁寧な文章を迅速に提供する能力が求められます。これはメールサポートや電話サポートとは異なるスキルが必要なため、専門的な育成が必要です。オペレーターは、ビジネスコミュニケーションの基礎から、チャット特有の応答技術まで習得する必要があります。


まとめ

カスタマーサポートの各チャネルは独自の特性を持ち、顧客のニーズや状況に合わせた適切なチャネル選択が重要です。

電話サポートは直接的なコミュニケーションと高い解決能力を提供しますが、待ち時間が発生することもあります。メールサポートは詳細な情報交換に適しており、記録が残りますが、返信の遅れや感情の伝達に難しさがあります。チャットサポートはリアルタイムでの対応が可能ですが、複雑な問題解決には限界があります。そのため、企業は顧客の好みや問い合わせの内容、緊急性などを考慮して、それぞれのチャネルを適切に活用することが求められます。

さらに最も効果的なアプローチは、これらのチャネルを組み合わせて使用することです。例えば、初期の問い合わせはチャットで行い、より複雑な問題には電話やメールを使用するなど柔軟な対応が可能です。このように、各チャネルの利点を活用し、顧客のニーズに合わせて柔軟に対応することで、ビジネスの拡大に繋がります。

なお、ポールトゥウィンでは「カスタマーサポート」サービスを展開しております。メール・電話・有人チャットのマルチチャネルへも対応しております。サービスについて詳しく知りたい方は、下記ページをご覧いただき、お気軽にお問い合わせください!

サービス詳細

関連記事