ソフトウェア第三者検証

Webサイトからエンタープライズ、IoT機器・組み込みまで幅広い領域のソフトウェア開発に対し、第三者の視点で客観的にソフトウェアの品質を検証いたします。
レポートにより単純なバグの有無だけでなく、プロダクトの品質や内在するリスクを見える化します。
テスト自動化ツール提供も可能です。

こんな状況でお役に立ちます

テスト工程を丸ごと社外に依頼したい

開発を依頼した会社からの納品物の品質を図るノウハウがない

自社にない端末や環境での動作確認が必要になった

サービスの特徴

テスト設計/実行数 約480万項目/年
不具合検出数 約12万件/年
ソフトウェアテスト認定資格
「JSTQB」Gold Partner取得

サービス提供例

決済サービスでの検証

BtoCアプリの検証

作成基準、準拠性、倫理など実績を元に実現する踏み込んだチェック

BtoBtoC向け製品のアプリケーションの第三者検証

Novalys社製テスト自動化ツール「Ascential Test」の提供

関連するクライアントインタビュー

サービス導入Q&A

どのような製品が対象でしょうか?

各種WEBサイトやアプリ、業務システムやIoT機器・組み込み機器まで、業種・業界を問わない幅広い分野でご相談いただけます。

  • MaaS(ナビゲーション、タクシー配車アプリ)
  • EC(フロントエンド、バックエンド)
  • Fintech(キャッシュレス決済システム、ペイメント・レジアプリ)
  • Education(オンライン教育システム、教材、学校系管理システム)
  • Healthcare(健康管理・促進アプリ、イベント予約・参加システム)
  • HR・採用管理(人事管理システム、採用管理システム、電子契約・管理)
  • Webサイトアプリケーション(EC、教育系など)
  • クラウドシステム(フロントエンド、バックエンド)
  • エンタープライズ(業務アプリ、パッケージソフト)
  • モバイルアプリケーション(スマートフォン、タブレット)
  • IoT機器(ウェアラブル端末、スマートロック)
  • 組込ソフトウェア(工業機器、プリンター等)
短期間や小規模なテストの相談も可能でしょうか?

可能です。数日で完了するような短期間のテストから、数か月や年単位のような長期間のテストまでご相談が可能です。

また過去には、2名で3日間などの小規模なテストや、20~30名で複数年など大規模なテストまでの対応実績もあります。プロジェクトの開発体制やご予算に合わせて、工数のお見積りからリソース支援などの提案をさせていただきますので、お気軽にご相談ください。

テストって開発した人が行う方がよいのではないでしょうか?

「第3者検証」では、対象の製品の基本的な機能とは別に、ユーザー目線で評価する事も求められます。

 開発した側の方がテストを行うと、どうしてもソースコードや、製品の内部に意識が向いてしまい、実際にユーザーが触る画面であったり、製品の操作部分に対しての意識が薄くなりがちです。弊社には、テスト技術者の資格である「JSTQB」を取得した技術者が多数在籍しており、「第3者検証」を専門としてきたプロフェッショナル集団ですので、より高いレベルのユーザー目線でのテストが行えます。テストを弊社にお任せいただくことで、より開発に専念できるなどのメリットもあります。

必要なサービスが分からない場合もご相談ください
電話でもお問い合わせ承ります

03-6625-8331